• 歴史ある企業に煙突工事を依頼

    先日、煙突の工事を依頼しました。

    煙突の工事を依頼するのは初めてで、いろいろと不安があったのですが、幸い依頼した企業がとても良いところだったので、何事もなく工事は無事に終わりました。

    どうやらかなり歴史の深い企業だったようです。

    歴史が深い分、工事もしっかりしていて、しかも実績も確かなものがあったので、見ていて危なげがなかったというか、とにかく信用することができましたね。

    また、作業に得意不得意が無く、すべての工程をその企業がまるまる行ってくれたのも、職人という感じがして非常に良かったですね。

    他の企業の場合だと、ある作業を外部に委託するようなことがあるみたいなので、新鮮な感じでした。

    それだけ自信があるということでしょうし、長い間煙突一本で経営を成り立たせてきたというのにも、納得できましたね。

    歴史の深さにも納得です。

    工事の内容にも大満足ですね。

    値段もわりとリーズナブルでしたし、何一つ不満のない工事でした。

    煙突工事の際に感じた「職人肌」

    懇意にしている企業にいつも煙突の修繕をお願いしたり、あるいは新規に作ってもらったりしているのですが、そこで毎回のように感じるのはその企業の「職人気質」ですね。

    ここまで煙突に特化し、またこだわり抜いているような企業は他にはないのではないでしょうかね。

    なんでも全国ありとあらゆる場所で工事を行ってきたということで、実績については間違いないですし、それにいろいろな土地でやって来たというのは、それだけ様々な場所に臨機応変に対応できる、ということでしょうからね、その点についても職人らしさが光っているな、と思います。

    何より工事を見ていると、納期はもちろん守ってくれますし、そのクオリティもかなり高いんですよね。

    これまでの工事で、ただの一度も文句をつけようという気になったことはありません。

    むしろ、その完成度の高さには頭の下がる思いですよ。

    煙突付きマイホーム

    それだけの質の高さを毎回維持できるのは、やはり「職人肌」のなせる業ではないでしょうか。